ここから本文

インプラント

インプラントとは | インプラントを他の治療法との違い | 治療の流れ | 治療ケース

インプラントとは

インプラント図歯を失った際に行う治療法として、現在最善の方法とされているのがインプラント治療です。

従来の入れ歯やブリッジなどの治療法は、失った箇所の上に補綴物を被せるものでした。しかしこのインプラント治療は、失った箇所からあごの骨へ人工歯根を埋め込みます。見た目も美しく、機能も回復できる唯一の補綴治療——それがこのインプラント治療です。

▲ ページの先頭へ戻る

インプラントを他の治療法との違い

インプラント

インプラント図
メリット
  • 異物感がない
  • 両隣在歯を削る必要がない
  • 硬いものも咬める
  • 自身の歯みたい
  • 審美性にすぐれ
  • 統計上他2つの治療よりも寿命が断然ながい。(隣の歯も)
デメリット
  • 保険がきかない
  • 期間がかかる

ブリッジ

ブリッジ図
メリット
  • 硬いものも咬める
  • 保険を利用できる(メタルの場合)
デメリット
  • 汚れが溜まりやすい
  • 両隣在歯を削る
  • 掃除が困難
  • 審美性が良くない

1本入れ歯

1本入れ歯図
メリット
  • 保険を利用できる
  • 隣の歯を削らない
デメリット
  • 異物感がある
  • 硬いものがなかなか咬めない
  • バネかける歯に負担がかかる
  • 見た目が悪い
  • 取り外しが不便

▲ ページの先頭へ戻る

治療の流れ

1回法術式
1回法術式図

2回法術式
2回法術式図

インプラント治療の流れは、2種類あります。患者様の症状に応じて治療の流れは異なります。

  1. 検査
    • 歯肉、歯、および顎の状態を調べます。
    • 骨の量を調べるためにX線を撮ります。
    • 健康状態を評価します。
  2. インプラントの埋入とアバットメントの埋入
    • 1回法術式-インプラントを埋入する時に、アバットメントも 装着します。 外科処置後、アバットメントの一部が口腔内に露出します。
    • 2回法術式-インプラントが完全に歯肉でおおわれていて、口腔内に露出しません。
  3. 治癒期間
    • 治癒期間は3-6ヶ月ですが、症例によってはそれより短い場合もあります。骨質とインプラントの位置などの要素によります。
    • 欠けている歯は仮歯に取り替えます。
  4. 補綴処置
    • 顎の模型を作るために印象を取ります。
    • 色や形が他の歯に合うようにクラウンやブリッジまたは義歯を作ります。
  5. 新しい歯の装着
    最後に、お手入れです。インプラントを長く使うために、ご自身でのきちんとした清掃方法が大事です。また、きちんと出来ているかを定期的にチェックし補うメインテナンスがとても重要です。

▲ ページの先頭へ戻る

治療ケース

1本の歯が欠けている場合

治療前の図 治療後の図

失った部分にインプラントを1本埋入します。従来は、健全な両隣りの歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことが出来ます。インプラントの上のクラウンにより、あなたの咀嚼機能と自然な風貌が回復するでしょう。

数本の歯が欠けている場合

治療前の図 治療後の図

数本のインプラントにより支えられるブリッジかクラウンにより機能と顔立ちが回復するでしょう。従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療を行います)入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。

すべての歯が欠けている場合

治療前の図 治療後の図

4本から最大12本のインプラントによりフルブリッジを固定します。従来の総入れ歯ではなくインプラントを用いて治療します。この方法なら食物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯が合わなくなるようなことはありません。また、以前の歯のようにかむことももちろん可能になります。

連絡先
アルプス通り歯科クリニック
〒400-0117
山梨県甲斐市西八幡1615-6
Tel 055-287-8008
診療受付時間
平日:
午前9時30分から午後1時
午後2時30分から午後7時
土曜:
午前9時30分から午後1時
午後2時30分から午後6時
※水曜、日曜、祝祭日 休診日
ページの先頭に戻る